id:820
天徳寺宝衍(佐野房綱)の墓所
佐野市山形町1178
【指定文化財等】#指定文化財等一覧
天徳寺宝衍は、唐沢山城主佐野昌綱の弟や、次男ともされている。豊臣秀吉に仕え、小田原城の北条氏との戦いには先鋒として軍功を立てた。その後、秀吉より佐野領を安堵され、佐野房綱と名を改め城主となった。慶長6年(1601)に没し、遺言により報恩寺に葬られた。墓所の墓碑はそれぞれ、遺徳を偲び、旧臣の子孫が建てたものとされる。