id:819
手堀りの須花トンネル
佐野市下彦間町須花
【指定文化財等】#指定文化財等一覧
須花坂は古くから足利方面に繋がる重要な交通路であったが、急坂ゆえ通行・運搬は困難を極めた。そこで上彦間村の戸長・田島茂平は、彦間、足利等在住の協力者から資金援助を得て、明治14年(1881)に工事を着手した。げんのうやたがねを使った手掘りの作業のため難航し、資金はたちまち尽きたが、茂平は私財を投げ打つなど尽力し、明治22年(1889)に完成した。「土木学会選奨土木遺産」にも認定されている。